読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜のほほんLIFE〜

MIYUの日常を綴ったブログ

スポンサーリンク

CRISIS【第5話】稲見の初の潜入捜査、正義とは…悪とは…そして田丸の光、稲見の光、とは。

こんばんは、MIYUです!

 

 

CRISIS、第五話が5/9 に放送されましたね!

第四話のおさらいはこちら↓

CRISIS【第4話】有馬教授の隠された罪。稲見の横に座る女性は一体…? - 〜のほほんLIFE〜

 

 

 

2017オススメ父の日ギフト!「毎年同じものだな~」と悩んだら間違いのないコレで決まり☆ - 〜のほほんLIFE〜

第五話

 暴行罪を装って警察の留置場に潜入した稲見(小栗旬)は、暴力団員の沢田(杉本哲太)に接近し、興味を引くことに成功する。実は、沢田が所属する仁愛工業は、政治献金のからくりを巧みに利用して政治家たちを恐喝している疑いがあり、今回、その証拠集めを命じられた特捜班。稲見は、初めてとなる潜入捜査を任されていた。

 

しかし、沢田に気に入られ、仁愛工業の幹部らとも顔を合わせた稲見は、彼らがそんな狡猾な連中とはどうしても思えない。さらに、次第に人を騙すことに罪悪感を抱くようになってしまう稲見。田丸(西島秀樹)は、そんな稲見にかつて自分が潜入捜査をした時の経験を話して聞かせる。その頃、鍛冶(長塚京三)は官房長官の神谷(石黒賢)に呼び出され、今回の特捜班の任務について、ある指示を受けていた。

 

晴れて仁愛工業の一員として認められた稲見は、沢田から薬物の取引があると教えられる。会長の護衛として稲見も同行することになるが、取引の報告を受けた警察上層部は、チャンスにも関わらず、なぜか直前で摘発を見送るという。危険な取引に身を置く稲見を案じて、吉永(田中哲司)、田丸、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)ら特捜班のメンバーは、稲見を追尾して取引現場へと向かうが…

 出典:第5話 ストーリー | CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 | 関西テレビ放送 カンテレ

  

感想

「どんな道でも成功するには必要なものがある、覚悟だ」

暴力団の沢井が、稲見に言ったセリフです。

新しいことにチャレンジしているMIYUに、グサーッ!とくるセリフでした。

覚悟、覚悟。頑張ろう!!

 

取引現場では稲見がピンチに遭いますし、ハラハラする展開が続きます。

鍛冶は神谷を守りましたね…あのままだと稲見が神谷に手を掛けてしまうと恐れたのでしょう…。

潜入捜査をしていると、どちらが本当の自分か分からなくなる、と田丸も過去の潜入捜査の体験談を稲見に話していました。

戻るためには、光が必要だ、とも。

田丸のその時の光は一体なんだったのか。稲見の今の光はなんだったのか。

そしてまた一話目と同じく田丸が教会で女性に封筒を渡すシーンもありました。

バーテンで稲見を励ますように横に座る女性も…非常に気になる回でした。

 

そして今回はスーツでの格闘シーン少な目!で物足りなかったです!!!

銃撃してきた二人をやっつけるぐらいでしたが…

もうちょっと尺ください!!!(笑)

完全に注目している部分が人と違うことは把握しています…w

2017オススメ父の日ギフト!「毎年同じものだな~」と悩んだら間違いのないコレで決まり☆ - 〜のほほんLIFE〜

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています、ポチッとお願いします☆